家計を上手く回したい専業主婦のブログ

転勤族・子が小さい・保育園は激戦区。働きたいけど働けない専業主婦が、出来ることでお金を浮かせられないか試行錯誤するブログです。

60歳までに、いくら貯めればよいか。

3000万円。

老後に必要だと言われている貯金額です。
実際には、どれだけ必要なのか計算してみます。

60歳から65歳までの無給期間。
一月の生活費30万で計算。

30万円×12ヶ月×5年=1800万。

車検や冠婚葬祭などにかかる費用も必要ですよね。
車の買い換えや家の補修も必要かも。
なので、+1000万は欲しいところ。

最低でも2500万、やはり3000万円欲しいですね。

では、いくら貯めればよいのかも計算してみます。
※60歳まであと25年で計算。

3000万円÷25年÷12ヶ月=10万円

月に10万円も貯金(○_○)!!
あまりにもざっくり計算しすぎた。
もうちょっとちゃんとしよう。

一番下の子が大学を卒業してから定年まで4年。
その間は、月に30万円貯金。
(ボーナスからも補填する予定)
退職金が1000万円で計算。

30万×12ヶ月×4年=840万円
1000万+840万=1840万円

3000万円で計算
3000万円-1840万円=1160万円
1160万円÷21年÷12ヶ月=4.6万円

2500万円で計算
2500万円-1840万円=660万円
660万円÷21年÷12ヶ月=2.6万円

500万円の差は大きいですね。
でも、2.6万円ならなんとか貯められそう。

そしてもうひとつ。
年金支給が70歳の場合。
60歳から70歳までの無給期間。
一月の生活費25万で計算。
(さすがに、生活レベル下げないとね)

25万円×12ヶ月×10年=3000万。
1000万円プラスして4000万円。

4000万円-1840万円=2160万円
2160万円÷21年÷12ヶ月=8.5万円

教育費や住居費と並行して8.5万円は
無理だあ○| ̄|_
でも、計算してみてよかった。

60歳まで25年の我が家の場合

必要額 一月あたりの貯金額
2500万円 2.6万円
3000万円 4.6万円
4000万円 8.5万円